読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資金融営業女子のそれっぽくないぶろぐ

外資系金融機関の営業アラサー女子の女子力アップキャンペーンの一環ブログですお!

新年宮崎弾丸出張

どうも私です


帰国して早々、年末にまとまらなかった商談の手続きに宮崎アポが入りました。2日にやってきた兄夫婦と一緒に、父方の実家を訪ねたその足で、同じく親戚回りも済んだN氏を拾い前日入り。三ヶ日の中日ということもあってか、あまり渋滞にも嵌まらず夕刻に到着。1軒目はお客さんオススメのお店に行ったのですが、メニューのない系統のお店。入ってすぐに「もも焼きは2人前焼いていいですか?」え…?
どうやら専門店^ ^聞いてませんよ^ ^流れで「はい」て言っちゃったよ^ ^消化器官絶不調のため、私の分は残しちゃいました…N氏が少し食べてくれたおかげで罪悪感は薄れたものの、もも焼きとウーロン茶、N氏のビールと焼酎で退出。「何かで中和しないとほんと耐えられない…冷汁食べたい…」という私のために、N氏が冷汁のある居酒屋を選んでくれました。初っ端から冷汁頼んである程度回復。宮崎はお野菜が豊富みたいで、ご当地ピーマン料理とかもあったのですがピーマン品切れ。ということでN氏はご当地茄子を使った揚げ出しを食べていました。美味しかったらしいよ。しかしこのお店、焼酎がお高い設定だったので長居はせずに今日はお仕舞い。弾丸だったので近場のラブホに宿泊。お笑いODMが豊富だったので堪能して就寝。

翌日

前職の広告屋時代にモニターツアー引率で訪れたうなぎの養殖場&直営店舗がたまたまお客さんの自宅近辺だったので、そこでお昼を摂ろう!と移動。途中で江田神社の初詣渋滞に嵌りました。ここも前述のツアーで訪れていたんですが、「初詣は帰りに天岩戸で」と決めていたのでゆっくりとスルー。ちなみに江田神社も有名なパワースポットなので情報載せておきますね。

そして着きました。大森水産直営店舗「鰻楽」。

閉まってた…去年の公式ブログでは2日は開けてたはずなのに…おそらく代休関係なんでしょうね。またいつかリベンジしたいものです。雰囲気いいし美味しいお店なんですよ。悲しみの舞。

はてどうするか。結構な田舎でして、あまり飲食店もない。お客さんに聞いても「辛麺くらいしか思いつかんなー!」ということで、有名チェーン店桝元…ではなく他のお店に行ってみました。感想。個人的には桝元の方が好き。甘みが抑え目な感じでした。桝元みたいに並んだりしなくて良かったんですが、まあ好みの問題ってことですね!福岡にもいくつか同名の店舗あるし、こちらも有名チェーン店なのかな?

昼食後に手続きを済ませ、最後の初詣イベントへ。実は今日のお客さんというのは年末バタバタ記事に登場していた、N氏の大学時代の同級生で我が家に泊まっていたうちの1人。ご実家が宮崎というオチ。そして泊まっていたもう1人(彼は鹿児島に帰省中)の4人で、2年前に宮崎旅行した事があったんです。
その時にも高千穂峡天岩戸神社を訪問したのですが、N氏と宮崎ボーイはここで「境内に入れない」という体験をしています。厳密に言うと、「境内に入る門のところで、薄いガラスが張ってある気がして足が止まった」とのこと。天照大御神が弟御の御乱行に痛みいられ、御隠れになった地なもんだから若い男の子はすんなりとは受け入れてくれないんじゃない?なんて解釈をしていましたが今回は如何か。やっぱりちょっと変な感じがしたそう。私は全然なんですけどね。不思議ですね。他にも似た経験した人いるのかな?あとで調べてみようと思うよ。前回訪問した時にはもう日も暮れて、スマホのライトで恐る恐る進んだ天安河原も、今回は安心して行けました。

余談
前回は帰り道でも不思議現象に遭っていました。道行きに聡いN氏と宮崎ボーイ、来た道を戻れば良かったのに何故か逆行、「あれ?こっちだっけ?」と思ったけれど普段方角を間違えがちな私は黙ってました。そのうち「あれ…?間違えたっぽいね、Uターンしよう」となったその時、前方に怪しい白いお尻が。「止まって!鹿!!」野生の鹿が3頭、車道に集っていました。こちらが止まったあたりで崖の上に跳び上がり、ジトーっとこっちを見てました。なんだったんだろう。迷子といい鹿といい、神様がイタズラしたのかもねーと言いながら帰路。

そして今回、やっぱり道に迷いました。まあ結局帰れたんだけどね。相性が良いのか悪いのか、とにかく不思議なパワースポットです。またいつか行ってみたいな、と恐々思うのでした。


そいぎ