読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資金融営業女子のそれっぽくないぶろぐ

外資系金融機関の営業アラサー女子の女子力アップキャンペーンの一環ブログですお!

年越し釜山 出発まで

どうも私です



年末は飲み方やら仕事納めやらで怒涛の日々でした。常に背中が二日酔い。抜けきらない疲労感。年内に決着つけたかった商談もいくつかまとまらず、それでも28日まで頑張れば解放されると、それだけを頼りに走り切りました。なぜなら我が家は年越し旅行の習慣があるからです。

兄が結婚してから、年末年始は韓国で過ごしています。兄夫婦の正月の実家回りを少しでも楽にするためか、管理職の父が休みが取れるのが年末年始しかないからか、そこらへんの理由は知りませんが結局両親と私の3人全員がただ単に「仕事と親戚関係の煩わしさから解放されたい!」というだけ、これがメインですね。

27日
N氏の大学時代の友人(私も仲良くしていた)2人が帰省のためそれぞれ関東あたりから九州に帰ってくるのですが、なぜかいつも福岡に寄って数日滞在してくれます。仲良しの友人が帰ってきてくれてN氏も私もなんだかんだ嬉しい。
福岡での滞在場所はN氏と私の住処です。まあ飲むよね…N氏も友人もお酒大好きだし。てなわけで27・28の二夜連続で飲んでらっしゃいました。初夜、私はというと28日は早朝から兄と会う用事やら商談やら仕事納めやらがあったので飲みませんでしたが、「軽く飲む」「メシ食いがてら」だったのが普通にテッペン越え・謎の二軒目・謎の宅飲みスタート。皆が楽しそうだからいいか、と階下の住民の方への配慮やらなんやらしつつ乗り切りました。翌朝は同じく仕事納めのN氏を起こし私も街へ。死ぬかと思った…
28日 二夜目。
昨夜「カラオケが笑えるほど上手い」と話題に出し、誘っていた私の大学時代の親友女史も含め街飲み。しかしこの日はさすがに翌朝出発日なので
「一軒目終わったら電車のあるうちに井尻に戻ること、二軒目はカラオケで次はないこと、1時には店を出ること」を決め打ちして臨みました。
結果は謎のカラオケ1時間延長、そして謎の宅〆。家主N氏は早々と就寝。酔って気分のいいメンツはなぜか全ての話を質問形式で私に振る。昨晩の睡眠不足(鼾と歯軋りの大合唱)、連日の疲労とそれによる胃痛で、このあたりで限界でした。
やっと全員寝たか、というところで旅行のパッキング開始。4時前。私の自宅出発予定時刻は6時半。もう寝ない。パッキング自体は慣れたものなので30分そこらで済ませ、お泊まりメンバーそれぞれの朝の用意(記憶がないであろう人々への指示。コンタクトレンズの消毒済み連絡やらアメニティの場所やらの置き手紙)。そしてひと休みしようかと思ったところでお泊まりメンバー4人によるアラームの大合唱。彼ら止めないのね。なんで休みなのに仕事仕様アラームなの?なんで止めないの?何個何分おきにセットしてるの?ああもうロックかけてるから分からない。事前に止められない。起きないし。そして唯一アラームかけてなかった友人のうち1人がふんわり起きて「ごめんね…」と。ほっこりしたよほんとありがとう…

そして宣言通り、寝ずに時間通りに出発。上記の友人(お泊まりメンバー最後の良心)に行ってくるねと伝えて博多港国際ターミナルへ向かいました。


【反省点・対処策】
①旅行の前夜はイベント入れない
いやね、当たり前なんだけどさ。でもよおおおぉく考えたら、毎年この流れで出発してるんです。去年も確か出発前にほぼ同じメンバーで飲んで、当時は私の部屋だったのでメンバーを寝せた状態で出発してるんです。ほんで港で集合した母親に「辛かったね…船で寝て、着いたら岩盤浴行こうね…」と労われる始末。御年60近い母に労われるのはもうやめよう。

②別々に寝られる環境を整える
いやね、元々作ってたんだけどさ。そもそも2LDKの物件にしたのは「別々の部屋を作るため」ではなかったか…?しかし冬用の布団が1セットしかない状態でズルズルと来てしまったわけです。今までは私の部屋で1つのベッドで寝ていたので良かったのと、私がベッドを変えて不要になった敷布団が1つあったのでそれをN氏に譲ってたので、冬まではそれで過ごせていたんです。掛け布団くらいいい加減に買おう。うん。

③人の世話焼く前に自分のことを
いやね、本当そうなんだけどさ。②にも関連するんですが、冬用の布団が1セットしかない→N氏と一緒にN氏の部屋で就寝→私の部屋の私のベッドは洗濯した衣類置き場に、という現状。酔ったお泊まりメンバーの世話を焼く暇があるのなら自分の部屋を片付けて自分の部屋で寝ろと。翌朝早いのであれば尚更。パッキングも済ませておけと。はい。
以前私の部屋でN氏と暮らしていた頃に、「自分も住んでる部屋なのに洗濯も掃除もしねぇで週末は実家に逃げやがって!」とN氏に対して思っていた(いや実際言っちゃった)わけですが、自分も同じことしてるんですよね。世話ねぇな!!てなわけで、実家に帰ってゆっくりしたいのであれば掃除洗濯済ませてからにしよう、とN氏と話した次第であります。

次からきちんと旅行記。そいぎ