読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外資金融営業女子のそれっぽくないぶろぐ

外資系金融機関の営業アラサー女子の女子力アップキャンペーンの一環ブログですお!

年越し釜山 総括

どうも私です


やっと年越せたわ(ブログ上で)。でも時系列は崩したくないから、他に書きたいことがあっても「釜山記事仕上げるまでは…」てなってたよ。もっとタイムリーにUPするためにいくつか反省。


①その日のことはその日のうちに
せめて下書きだけでもね。コンデジiPhoneカメラ両方使うから編集に時間はちょっとかかるけど、テキスト部分くらいは仕上げておこうと。特に旅行記は。

②個人特定不能画像を意識して増やす
このブログでは個人特定不能のコンセプトでやっとるんで、いちお顔出ししないことに決めてます。ただ振り返ってみると顔入りの写真が多い…楽しくブログ書いてるけど、知らないどこかの誰かにも楽しんでもらえたらいいな。てなわけでそのための工夫をもう少し。

③各シーンでの静止画を揃える
最近尊敬しているYouTuberさんがいて、その人の真似して結構動画を撮ったんですよね。その様子を見て親も「いいね、それ後でまとめてDVDにしようよ!」て言ってくれたのはいいんですが、②の理由からどうしてもブログには使いにくい。ここでは静止画撮ってるけどここでは動画しか撮ってない、なんてことがないように静止画必須・動画は余裕があれば、というスタンスで行こうかと思うよ。

④記録媒体常備
今使っているコンデジをすごく気に入ってるので、プライベートのお出かけではいつも携帯しているんですが、③の通り今回動画を撮ったので途中で容量超過しました。はわわ、てならないように今後は記録媒体常備しとこうと思うよ。


旅行記書いての反省はこんなとこ。前述のYouTuberさんていうのは関根りささんのことです。3日に1度は新しい動画アップしてくれるし面白いので、だいぶフリークな感じです。ちょっと憧れる。私もブログ頑張ってみようかなとか思います。100記事超えたらカテ分けしようかな。え?今何記事だ…?

てなわけで今年も頑張る。
そいぎ

年越し釜山 購入品

どうも私です


宣言したからにはUPするお。自分の分から。

化粧品/イニスフリーGreen tea balancing skin care set
28,000ウォンだったかな。アルコール分に負けてしまう肌なので、スキンケア製品は少し気を付けて買わねばならないのですが、ここの製品はアルコールフリーが多いので助かってます。ここ5年くらいはこの店のスキンケア製品を愛用してるかな。切れたので補充。Green tea balancing cream 50ml
これも20,000ウォン程度だった。冬は化粧水と乳液だけじゃ乾燥するので水分クリーム追加。ほんとはbeliefのクリームとか試してみたいんだけど、お店を回るのが面倒だったのでいつも通りイニスフリーで済ませた次第。beliefのは今度時間に余裕がある時に買っておこうかな。

シャンプー・リンス/呂
かれこれ10年近く愛用。もともと極細の猫っ毛で、伸ばすと毛先が色褪せてキツネの尻尾みたいになる&ワックス付けると重みでペタンコになる髪に悩まされていたんですが、呂のシャンプーに変えて以来すごく改善されました。
まず、髪が強くなる。明らかに太く、コシが出ました。そのせいか量も増えた気がする。
次に黒髪がほんと黒髪になる。色褪せることが減った感じです。社会人になってから一切髪を染めてないんですが、「黒髪綺麗ね!」て結構褒められるようになった。地髪以上の黒さが出る気がするよ。
効能ごとに色違いがいくつかあるので、その時の髪の状態や季節に合わせて買い換えてます。この前はピンクのセットを使ってたけど、いまいち呂の実力は感じられなかったかな。今回は新しく出てたもの。限定品なのかも?しばらく使ったらレビューしますねん。

財布/fennec
最近流行ってるみたいでインスタやらキュレーションさいとやらでよく見ます。かわゆい。結婚式とかでクラッチ持つ時、普段使いのDIESEL長財布だと収まらないことがあるので小さめのものを、と購入。いろんなサイトで調べたけど釜山での取り扱い店舗が見つからず…「art boxに置いてるかも?」という記述を見つけたので、ダメ元でBIFF広場近くのart boxに行ったら置いてた!!!色とデザインには限りがあったけど全然いいの!!!嬉しい!http://m.fennec.co.kr/

iPhoneケース
路面店で購入。ひとつは欲しい欲しい言いながら踏ん切りがつかなかったiFace。25,000ウォンで買ったからちょっと安かったのかも。正規品かどうかは分からないけどまあ満足してるからよし!(ある程度の正規品基準は満たしてたし!)
もうひとつはお店のお姉さん曰く韓国で流行ってるissueのもの。手帳型でカードポケットが4つ。閉じたまま話せて、横向きにスタンド型利用ができるのですごく満足!しかも10,000ウォン!日本でiPhoneケース手帳型を1,000円なんてどこに売ってんだよって話で即購入。

衣料品①/マフラー@大邱
いやだって大邱寒かったんだもん。化繊だけど手触りいいし、あったかいし、何より安かったのよ。ひとつ5,000ウォン。色違いで2つ購入。母もお土産用に2つばかし買ってました。同じものをチャガルチ駅か南浦駅の地下街で見たら1,500ウォンで、母が「よっしゃあ!!!」て絶叫してたよ。どうでもいい感じの衣料品(靴下やら下着やらメーカーにこだわらないもの)であれば郊外の市場がオススメってこと。

衣料品②/ニットとレギンス@国際市場
もともと買うつもりで来たから着替え持ってきてなかったんです。ニット19,000ウォンとレギンス10,000ウォン。レギンスなんてもうアジュンマ仕様なんだけど、ヒートテックより俄然あったかいし、長めのニットと合わせるからウエスト部分なんてどうでもいいし。冬用ヘビロテ決定です。

食料品/粉末ココアと薄いオレオ@農協
今回は韓方茶買わなかったな…辛い食べ物ばかりの韓国では食後の甘いコーヒー類が必須。多分習慣なんだと思う。粉末飲料がすごく豊富で結構美味しいので今回はココアを試してみた。帰国してすぐ飲んだけど普通に美味しい。濃い。日本のより好きかも。4000ウォンしないくらいだったと思う。薄いオレオは前述の通り、ロッテマートだと1,500ウォン、農協だと10,000ウォンだった!ちなみにN氏大絶賛、こんな安上がりのお土産で大歓喜してくれてお姉ちゃん複雑(N氏にはもこもこルームソックスも買ってあげました。2,000ウォン。くまちゃんで可愛い。これも喜んで履いてくれてます)。

お姉様お土産は化粧品メイン。
お姉様①/nature republic ▼ARエッセンシャル ヘアエッセンスa
これは前回のお土産リストにもありました。お気に入りなのかな!確か9,000ウォンくらい。お姉様のお友達分も合わせて2つ。http://nature-republic.jp/
EXOコラボグッズ
メンバー3人分頼まれてたけどおセフさんは売り切れてた…あぶらとり紙とキャンドルを購入。あとハンドクリームとリップクリームがあったかな。あぶらとり紙が10,000ウォン以下、キャンドルが20,000ウォン程度だったはず。通販で買うよりは路面店の方がやっぱり安いみたい。すんごく喜んでくれたので探し甲斐がありました^ ^私自身はEXO興味ないけど、お姉様と電話しながら「チェンさん?!チェンさんいらっしゃる!おセフさんいらっしゃらない!( ; ; )」て言ってたら日本語の分かる店員さんが超笑ってて、ご不在だったチェンさんの分のブロマイドとか特別に入れてくれた。natureのサイトで見つけきれなかったので外部サイトだと公式は以下のものくらいかな…

お姉様②/too cool for school
前回ティントセットを買って行ったら、そのうちの1色をオーダー頂きました^ ^10,000ウォンくらいだったかな?ちなみにここのシェーディングを愛用中。今回母がそのシェーディングとハイライトを買ってた。「その年齢(50代後半)でシェーディングとか要るの?これ以上頰こけさせてどうすんの?チーク兼ハイライトだけにすれば?」てハイライト買わせたけどシェーディングはやっぱり要らないと思う。そのうち貰おう。

お姉様③/peripera

前述のパワパフコラボ限定品。クッションファンデのみのオーダーだったけど、赤めのアイシャドウパレットも多分気に入りそうだったので購入。案の定喜んでもらえて妹嬉しい。クッションファンデ12,000ウォン程度、アイシャドウパレット10,000ウォン程度だったはず。自分のも買えば良かったかな…て思ったけど、periperaの商品使ったことないのでお姉様のレビューを聞いて、今度行った時にまた可愛いのあれば買おうかな。http://m.peripera.co.kr/#slide1

今回はバッグや靴は買わなかったなぁ。毎回光復路のチャールズアンドキースに行くんだけど、仲の良かった店長が移動したっぽくて居なかったから寄らなかったし、ロッテ百貨店でもお洋服見てないし。5年前に西面で買ったコートをすごく気に入ってて、冬はヘビロテ&冬季の韓国訪問には毎回着て行ってるんだけど、母に「それもう何年目?!新しいの買いな!」て言われた。拒否。仕事用ならまだしも、プライベート用のコートでこれ以上にあったかくてこれ以上に可愛くてこれ以上に気に入るやつなんてそうそうないわよ!探そうもんなら数時間費やすわよ!写真載せたいけど物凄く身バレ要素強いから載せらんない!

N氏がお姉様からの強い強い要望(ていうか請求?)により、やっとパスポートを申請したので次は3人で行くかも^ ^


そいぎ

年越し釜山 1月1日 4日目最終日

どうも私です


釜山最終日。韓国は旧正月の方を重視されるので、初詣のためにどこか並んでるとか、初売りにどこか並んでるとかは全然ありません。結構普通の休日の朝って感じ。一応会社とかは年末年始休暇があるみたいだけど、子どもが帰省するのも基本的には旧正月、秋夕がメインらしいよ。

朝ご飯は国際市場のファッション通り2階にある南浦スジェビに。ここも定番化してきたな…30年以上続いてる老舗らしいけど、2階にあることもあって店は分かりにくいし物件はどう見ても飲食店じゃない(多分美容室だった物件に厨房だけブチ込んでる感じ)。でもここのスジェビ美味しいんだ。まあ日本でいうすいとん入りスープのお店です。二日酔いにも優しい、キンパも美味しい、カクテキも美味しい。おすすめ。

ほんで14時の便で帰るんだけど、港までケーブル社長が送ってくれるから12時半に待ち合わせ。それまでに最後のお買い物しようかって事でロッテ百貨店に行ったけど…休みだったよ…悲しおす…。という事はロッテマートも休み。どうしよう!ラーメンやら海苔やら食材買ってないよ!呂のシャンプーリンスも買ってないよ!てなわけでダメ元で農協ハナロマートに行ってみたら開いてた!!ありがとう農協!!!あけおめ!!!

まあ買うものは決まってます。飲み物食べ物の自宅用・お土産用と、呂のシャンプーリンス。前日に行ったロッテマートと比べるとやっぱり安い。大邱のときに買った薄型オレオもロッテマートより500ウォン安い!!購入品はあとで。

ほんでその後、彼氏N氏のお姉さまの買い物リストで唯一見つかってなかった、ペリペラのパワパフコラボ限定品をちょっと足掻いて探してみた。ら。あったの!!!!!嬉しい!!!CLIOにあったよ!欲しい人は光復路のCLIOに行けばまだあるかもしれない!

ほんでお昼用のパン(船で食べるやつ)をパリバゲットで買ってケーブル社長と合流、港へ。次に来るときはN氏とお姉さまと来るかもって言ったら、「絶対に連絡するように」とケーブル社長。

どうしようかな。

てな感じで無事に帰国。購入品はまとめてUPするね。

女子向け韓国情報オススメサイトプサンナビやら韓国韓国公社のサイトやらあるけど、ここ見たらどこのコスメショップが何出してて何が流行ってるかとか、fennecの財布がどこに売ってあるかとか分かるからオススメ。


そいぎ

年越し釜山 31日 3日目

どうも私です


大晦日。前日のコプチャン屋で食べ過ぎたのか、ホテルに戻って強引に掻き込んだ辛ラーメン(韓国の少し大きめのカップ版が食べてみたかったんだよ)が悪かったのか、夜中に嘔吐(ただの食べ過ぎ?そして強引に掻き込んだ辛ラーメンは日本のカップ版とも韓国の袋版とも味が違った。もう二度と食べない。)。

朝ご飯はこれまた行き着けのデジクッパ屋さんへ。毎回お土産買って行くから社長のおじさんも顔覚えてくれてて、毎回何かを入れまくってくれる(肉だったりコショウだったり)。今回はお肉。でも絶賛胃もたれ中なので父に食べてもらったよ^ ^

ほんで例のケーブル会社社長と待ち合わせ。今日はおじさんと年越しツアー。新しい観光スポットという釜山スカイウォークに連れてってもらった。とりあえず絶景。天気がいい日には九州も見えるよ!って言ってたけど多分それ対馬(まあ対馬も九州といえば九州か…)。足元がアクリル板で「海の上を歩けるよ!」てのがウリらしいけど、ただ単に景色がいい所でした。もう行かなくていいかな^ ^

ほんで韓国では初日の出の前に日没を見届けるのが主流?みたいで、コムタン社長の自宅マンションの近くにある多大浦海水浴場へ。着いた頃には結構人もいて、それなりに盛り上がってました。普段は噴水とかで有名なとこです。

ほんで夕食はまさかの…また…豚…!これまたおじさん連中オススメの蒸し豚料理ポッサムのお店へ。最初は「また豚かよ!!豚しか食べてない!」と思ったけど、これが意外と…いや本気で美味しかった。

コムタン社長夫妻とはここでお別れ(社長が風邪ひいてたからね)。ほんでケーブル社長の車で予告なしに夜景の見える公園へ。誰も人がいないよ!寒いよ!もう見たよく見た綺麗だねほんとさあ帰ろう!て事で再び南浦洞へ戻りお買い物。彼氏N氏のお姉さんからの買い物代行リストをこなしにコスメショップ巡り。EXOのグッズやらを探す(おセフさんが売り切れてて残念がってたら、特別にブロマイドを入れてくれたよ^ ^この気前の良さはこの国ならではで好きだよ^ ^)ほんでいよいよ年越しってことで、恒例の龍頭山公園カウントダウン鐘つき&花火を観ようとしたけど、人多過ぎィ!!!!救助船に詰め寄る難民の群れ(誤謬があればすみません…でもほんとこの表現が一番しっくりくる)かのように境内に上がろうとする人々も。こりゃあかんわ、と渋々ホテルに戻り屋上から花火を見届けました。家族3人無事に年越し。部屋で紅白見たりして就寝。

翌日は最終お買い物ツアーして帰国だぞ。
そいぎ

年越し釜山 30日 2日目

どうも私です


翌日2日目は前述のコムタン屋で朝ごはん。もう定番。コムタンかデジクッパかスンデか。もしくはチャガルチ市場の漁協食堂かってとこ。ほんで年末開けてるうちにって思って行ったけど、社長に聞いたら普通に年末年始関係なくやるってよ。まあいいけどさ。

ほんで今日はちょっと遠出してみようかって事で、韓国版新幹線KTXに乗って1時間弱の大邱へ。韓方薬の市場で有名な場所です。ハヌルホスとかもココ。旅のお供はホームのキヨスクで買った緑豆牛乳(ホット)とチーかま、あと日本未上陸の薄いオレオ。これYouTubeで紹介されてたやつなんだけど、試しに買ってみたら美味しかったからあとでお土産購入決定。キヨスクで買うより農協マートとかロッテマートのが安いからね。

ほんで東大邱に到着、地下鉄で半月堂まで。ここが一番っちゃ一番の街になるのかな。なんでここで降りたかって言うと、一番行きたいごはん屋さんがあるから^ ^韓国観光公社YouTubeでUPしてた動画に出てた薬膳ビビンパのお店へ。有名店だったぽくて予約しないと難しげだったけど、たまたま空いたらしく入れてもらえました。

あのね、大邱ね、めっちゃ寒かった。もう寒いっつーか痛いっつーか。釜山出るときにホテルの社員に「今日大邱行くんやで」て言ったときに「は?!大邱?!なんで??寒いよ?!」て言われたけどこの事ね。空気が馬鹿みたいに乾燥してて冷たい…そらリンゴもおいしく育つわね…(大邱はリンゴで有名です)

ハヌルホスの化粧品買ったりコスメカフェ行きたかったけど、寒過ぎて断念だよ。最近大火災があった市場でプゴク(干しタラ)やらコショウ(キムチに使う唐辛子)やら防寒具やら買って東大邱に戻ったよ。ちなみに東大邱には駅前に新しい新世界百貨店がオープンしてます!!

ほんで釜山に戻って、ケーブル会社の社長と夕食の約束してたからコムタン屋で集合して、タクシーに押し込まれたと思ったら影島大橋渡っちゃって東大新へ。社長の妹夫婦が経営するホルモン屋でした^ ^(大体どこに行ってるか分からない状態で連れてかれるよ!でも大体美味しいしボラれないからいいの!)率直な感想。めっっっっちゃ美味かった。塩ダレにしたんだけどホルモンが甘いのね。釜山市街で食べるよりはるかに美味しかった。まあ身内だから新鮮なやつ出してくれたのかもしれないけどね!!!
胃もたれ対策。
ほんで釜山南浦洞に戻って、もう一軒とか言う社長をはっ倒してお買い物。化粧品やら何やら(あとでまとめてUPするよ。嘘じゃない。頑張る。)。そいでコーヒー飲んで明日は午前中から集合して年越しツアーしようぜって社長と打ち合わせて解散。

疲れた。そいぎ。

年越し釜山 29日 初日

どうも私です


怒涛の連続飲み会の翌朝、港で両親と集合。もともと予約時には既に朝便がキャンセル待ちで、もう昼過ぎ便で後入りするかーと思っていたのですが、優しいJR九州高速船の方が3日前に連絡をくれました。「朝便あきましたよ!!」「えっ!じゃあそれで!」「はぁい^ ^」ありがとう尹さんだいすき。てなわけで元々朝便で予約してた両親と揃って手続き。「また酷い顔しとるね…頑張ったね…リフレッシュしようね…」と母。ガチで涙目。

そして船内で3時間爆睡ののち釜山港到着。馴染みの知り合い(コムタン屋さん社長とその親友のケーブル会社社長)のところに寄ってお土産を渡し、翌日のゴハンの打ち合わせ(なぜか毎回自動的に、一緒に夕飯をとる計画を立てられている)を済ませ、向かいの馴染みのホテルに荷物を預け早速昼食へ。私は釜山に着いたら絶対に元山麺屋(平壌冷麺の専門店)で冷麺、と決めているのですが「この真冬に?!」と両親から強い反対に遭う。しかし引かずに「悪いけどほんと行かないと無理。エンジンかかんないし一回くらい食べたいもん食べさせて(馴染みの社長おっさん連中は勝手に店決めてるし)。なんなら1人で行ってくるから2人は好きなとこ行っておいで」と行ったところ結局両親も着いて来ました。釜山ルーティンをこなせて満足。ここの冷麺食べないとほんと釜山に来た意味が減る。

そして行きつけの韓方薬局でこれまた馴染みの社長おっさんにお土産を渡し常備薬(葛根湯、胃薬)を調達し、行きつけ高麗人参屋で馴染みの社長おっさんに以下同文。

ほんで釜山ルーティンその②、岩盤浴へ!!タクシーで10分程度のところにある公衆浴場施設に。入浴・垢すりを済ませて岩盤浴フロアに移動し、岩塩部屋で爆睡。これで毎回一瞬にして疲労回復、肌荒れの鎮静が叶います。年末の疲れは持ち越さない!

ほんで夕方に起きて、お買い物続行。韓国コスメやらなんやらお土産系は先に終わらせようと、どうせ毎回何か買うinnisfreeとmisshaに寄り、父はシェービングフォームとアフターローション、私はトナーとローションと水分クリーム、母はお土産数点と自分のファンデーション(母はここ10年はmisshaのファンデーション)。misshaで色モノ買おうとしてたから警告(misshaの色モノは劣化が早い…すぐ絵の具臭くなるし硬くなる…)、それでも何か買わなきゃ気が済まないようだったのでリキッドのアイライナーだけ許した(サンプル欲しさにね)。購入品についてはあとでまとめてUPするよ

ほんで夕飯…の前になんとマッサージに行くと言い出しやがった。夕飯ドキの方が空いてるからなんて理由。もうちょい疲れを溜めてから行きたかったけど仕方ない。行き着けのマッサージへ。10秒で爆睡。南浦洞でマッサージならここもおすすめ。

そしてやっと夕飯。ホルモン通りにある貝の蒸し鍋チョゲチョンゴル屋へ。ここも数回来ているけど、スタッフがガラッと変わって学生ばっかりになってた。馴染みのバイトの兄ちゃんがおらん…寂しい…

んでさすがにチョゲチョンゴルだけじゃねー、って事で光復路に新設のマッコリレストランへ。とりあえずマッコリとチヂミはまじで旨かった。マッコリって大体飲んだらすぐ二日酔いを覚悟するけど全然そんな感じなかった。きちんと作ってきちんと運んできちんと保管してきちんと飲めばいいってこった。



でもオシャレすぎたからもう行かないと思う。ホテルに戻りおやすみたいむ。

そんなこんなで初日。翌日はちょっと遠出するねん。

そいぎ

年越し釜山 出発まで

どうも私です



年末は飲み方やら仕事納めやらで怒涛の日々でした。常に背中が二日酔い。抜けきらない疲労感。年内に決着つけたかった商談もいくつかまとまらず、それでも28日まで頑張れば解放されると、それだけを頼りに走り切りました。なぜなら我が家は年越し旅行の習慣があるからです。

兄が結婚してから、年末年始は韓国で過ごしています。兄夫婦の正月の実家回りを少しでも楽にするためか、管理職の父が休みが取れるのが年末年始しかないからか、そこらへんの理由は知りませんが結局両親と私の3人全員がただ単に「仕事と親戚関係の煩わしさから解放されたい!」というだけ、これがメインですね。

27日
N氏の大学時代の友人(私も仲良くしていた)2人が帰省のためそれぞれ関東あたりから九州に帰ってくるのですが、なぜかいつも福岡に寄って数日滞在してくれます。仲良しの友人が帰ってきてくれてN氏も私もなんだかんだ嬉しい。
福岡での滞在場所はN氏と私の住処です。まあ飲むよね…N氏も友人もお酒大好きだし。てなわけで27・28の二夜連続で飲んでらっしゃいました。初夜、私はというと28日は早朝から兄と会う用事やら商談やら仕事納めやらがあったので飲みませんでしたが、「軽く飲む」「メシ食いがてら」だったのが普通にテッペン越え・謎の二軒目・謎の宅飲みスタート。皆が楽しそうだからいいか、と階下の住民の方への配慮やらなんやらしつつ乗り切りました。翌朝は同じく仕事納めのN氏を起こし私も街へ。死ぬかと思った…
28日 二夜目。
昨夜「カラオケが笑えるほど上手い」と話題に出し、誘っていた私の大学時代の親友女史も含め街飲み。しかしこの日はさすがに翌朝出発日なので
「一軒目終わったら電車のあるうちに井尻に戻ること、二軒目はカラオケで次はないこと、1時には店を出ること」を決め打ちして臨みました。
結果は謎のカラオケ1時間延長、そして謎の宅〆。家主N氏は早々と就寝。酔って気分のいいメンツはなぜか全ての話を質問形式で私に振る。昨晩の睡眠不足(鼾と歯軋りの大合唱)、連日の疲労とそれによる胃痛で、このあたりで限界でした。
やっと全員寝たか、というところで旅行のパッキング開始。4時前。私の自宅出発予定時刻は6時半。もう寝ない。パッキング自体は慣れたものなので30分そこらで済ませ、お泊まりメンバーそれぞれの朝の用意(記憶がないであろう人々への指示。コンタクトレンズの消毒済み連絡やらアメニティの場所やらの置き手紙)。そしてひと休みしようかと思ったところでお泊まりメンバー4人によるアラームの大合唱。彼ら止めないのね。なんで休みなのに仕事仕様アラームなの?なんで止めないの?何個何分おきにセットしてるの?ああもうロックかけてるから分からない。事前に止められない。起きないし。そして唯一アラームかけてなかった友人のうち1人がふんわり起きて「ごめんね…」と。ほっこりしたよほんとありがとう…

そして宣言通り、寝ずに時間通りに出発。上記の友人(お泊まりメンバー最後の良心)に行ってくるねと伝えて博多港国際ターミナルへ向かいました。


【反省点・対処策】
①旅行の前夜はイベント入れない
いやね、当たり前なんだけどさ。でもよおおおぉく考えたら、毎年この流れで出発してるんです。去年も確か出発前にほぼ同じメンバーで飲んで、当時は私の部屋だったのでメンバーを寝せた状態で出発してるんです。ほんで港で集合した母親に「辛かったね…船で寝て、着いたら岩盤浴行こうね…」と労われる始末。御年60近い母に労われるのはもうやめよう。

②別々に寝られる環境を整える
いやね、元々作ってたんだけどさ。そもそも2LDKの物件にしたのは「別々の部屋を作るため」ではなかったか…?しかし冬用の布団が1セットしかない状態でズルズルと来てしまったわけです。今までは私の部屋で1つのベッドで寝ていたので良かったのと、私がベッドを変えて不要になった敷布団が1つあったのでそれをN氏に譲ってたので、冬まではそれで過ごせていたんです。掛け布団くらいいい加減に買おう。うん。

③人の世話焼く前に自分のことを
いやね、本当そうなんだけどさ。②にも関連するんですが、冬用の布団が1セットしかない→N氏と一緒にN氏の部屋で就寝→私の部屋の私のベッドは洗濯した衣類置き場に、という現状。酔ったお泊まりメンバーの世話を焼く暇があるのなら自分の部屋を片付けて自分の部屋で寝ろと。翌朝早いのであれば尚更。パッキングも済ませておけと。はい。
以前私の部屋でN氏と暮らしていた頃に、「自分も住んでる部屋なのに洗濯も掃除もしねぇで週末は実家に逃げやがって!」とN氏に対して思っていた(いや実際言っちゃった)わけですが、自分も同じことしてるんですよね。世話ねぇな!!てなわけで、実家に帰ってゆっくりしたいのであれば掃除洗濯済ませてからにしよう、とN氏と話した次第であります。

次からきちんと旅行記。そいぎ